五月人形を飾って和の心を堪能しよう~日本の風習や伝統を知る~

人形

オーダーメイドの羽子板

お正月

お正月の遊びと言えばコマ回しや凧揚げ、すごろくなど、たくさんの遊びが挙がります。羽根つきもその1つです。1つの羽根を使って遊ぶ羽根つきは、日本の伝統ある遊びと言っていいでしょう。この羽根つきに使う板のことを羽子板と言います。羽子板は羽根と羽子板が無いと遊べない遊びなので、羽子板はある意味無くてはならない道具と言えます。実は羽子板は、羽根つき以外にも使われることがあります。時期は特に決まっていませんが、毎年お正月になると神社で魔除けのお守りとして販売されています。なぜなら羽根つきで使う羽根羽子板には魔除けのお守りとしての効果も備わっているからです。元旦に羽根を突き合うことで、厄祓いができると言われています。このように、日本の伝統行事である羽根つき、そして羽や羽子板にはいろいろな意味合いが込められているのです。

羽子板は、専門店を通せばオーダーメイドで作ってもらえます。木の板にこどもの顔のイラストや名前を描いたシンプルな作りのものもあれば、板に板と同じくらいの大きさの人形をくっつけた、派手な装飾が施された羽子板もあります。板の形状や色、サイズなども自由に選択できるので、世界に1つだけのオリジナル羽子板を作ってもらえます。羽子板のオーダーメイドを受け付けている専門店は全国にいくつもあります。ほとんどの専門店がWEBサイトを運営しているので、いくつかのサイトを見ながら「ここはどのような羽子板を作っているんだろう」という部分を見ていくとよいでしょう。